相続税公式

相続税の公式

税金を支払う側の国民は、どのように税金の計算をしているのか気になるという人もいるでしょう。しかし、インターネット上には、いろいろな税金の計算方法が記載されてはいるものの、難しくて理解できないことが多くなっています。そこで相続税の計算方法を見て見ようと思いますが、相続税の計算方法もわかりにくくなっています。数学でもまずは公式を覚えてから当てはめていくので、相続税の計算も、まずは公式を覚えてしまうとよいでしょう。

相続税は平成27年から増税されてしまったため、基礎控除額が3000万円になったのですが、この基礎控除額の部分に相続するべき財産をあてはめます。

次に相続する人数をプラスするのですが、相続を行う人数が1人の場合には600万円プラスされます。

もし3人で相続するのであれば、1800万円プラスされるということになるのです。よって3人で遺産相続を行う場合、3000万円プラス1800万円で、合計4800万円が基礎控除額となるのです。

もし1億円を3人で相続する場合には、4800万円が基礎控除額となるので、1億円から4800万円を引いた5200万円分が課税対象額となります。

さらに税率が関係してくるのですが、1000万円以下の場合には、税率が10パーセントになっているのに対して、6億円を超えてしまうと55パーセントというかなり高い税率になってしまうのです。この他にも特例などがいろいろとあるので、税金の計算というのはとても厄介ですし、疑問に思うことが多々あると言えるでしょう。

このような計算を行うのは、素人でも不可能ではありませんが、計算ミスをしてしまう可能性がかなり高いと言えます。だからこそ相続税の支払い義務が発生した場合には、相続税専門の税理士をネットで探して、税理士に計算をしてもらうのが最もよい方法なのです。税理士は確定申告の代理に人を務めることも可能であるため、身内が亡くなって悲しい思いをしているので、代わりに相続税の申告をしてほしいと依頼することもできます。また、相続税の支払い義務があるかわからない場合にも、一応税理士に相談しておくとよいでしょう。

またこのサイトのタイトルは体育会系と題しておりますが、実は税務はスポーツと似ているのはご存知でしょうか。スポーツは子どもたちも大好きです、苦手な子もいますが、鬼ごっことかかくれんぼとかしながら走ったりするとやっぱり笑顔になったりするものです。そしてそれは大人もそうです。父は野球を見て、母はバレーやサッカーを見る、そんなご家庭も多いのではないでしょうか。それくらいワールドワイドに汗を垂らして走り続けるのが人生であり税務でありスポーツであります。私たちはいつかは生を終えます。引き継ぐ時が来ます。夢のある引き継ぎは税理士がお助けします。